前へ
次へ

色んな理由から住宅取得

私たちの住生活に対する考え方も変化していて、新築中心の考え方に留まらず、価格が安い中古住宅、理想の住まいに近づけさせるリフォーム、環境がそぐわないときの対策にもなる住み替えにも目を向けています。また、資産運用にもなる相続・空き家対策も関心ごととなり、健康リスクにも対応する不動産商品まで誕生し、不動産ニーズが高まっています。住宅を取得するには、一括払いということは難しいために、大概は住宅ローンを組むことになり、金融機関もローン利用者となる家主の現状を十分に理解して対応をしてくれています。住宅を取得する目的は、部屋が手狭になったり、条件に見合った土地が見つかること、相続した土地を生かすことなどでしょう。少子化といわれていますが、兄弟姉妹がいる家庭も少なくなく、現在の住居が賃貸であれば自己所有物への関心は高まるでしょう。子育てしやすい地域へ移住するケースもあり、価格の安い地方へと目を向ける都会暮らしの家庭もあるほどです。健康状態も良い方へ変化するとさえいわれています。

Page Top