前へ
次へ

不動産による資産運用の注意点

日本では金融機関に預けても利率の低い状態が継続していて、所持している資産を上手に運用する方法について悩んでいる人は多くいます。資産運用で元本が保証されているものは利益が少なく、高い利益を求めると元本割れのリスクがあるからです。そこで注目されているのは安定的に収益が得られる可能性のある不動産投資であり、その中心は家賃収入になっています。この場合には建物を建設することもありますが、駐車場で一定の設備さえあれば運用できる場合もあり、個人の状況によって選択するといいでしょう。不動産投資で注意しなければいけないのは借主がいないことであり、誰も借りなければ家賃収入は得られません。その上に不動産は所持しているだけで固定資産税の対象になるため、持ち主は損失を出すばかりでメリットが無いでしょう。これが一等地や繁華街など利用価値の高い場所であればいいのですが、その条件の対象でなければ確実性が低くなってしまうのが現実です。リスクを回避するためには宣伝を行って借主を集めるという手法を行ったり、収入が減少しても管理会社に委託して借主を募集するようにするというのが有効になります。投資には少なからずリスクがあるので、その対処を事前に行って軽減するような対策を実施することが大切です。

Page Top