前へ
次へ

不動産の売買はとても大変です

不動産は非常に高価なものになります。そして、所有するということはなかなか難しいことになります。それは売買するということが難しいというのもそうなのですが特に土地はともかくとして家屋がついていたりする場合には、その家屋に不具合がないのかどうかといったようなことの説明をしなければならないということも売買をする上には必要になってくるからです。個人間売買であろうと思う基本的には売る側が説明をしなければならない部分が多くあります。あるいは業者などであれば間違いなくその土地に存在している色々なデメリットなどがあれば説明しなければ後で取引自体がなかったことにされるということもあります。基本的に財物の取引というのは契約書があってこそということになるわけで対等な立場であれば契約書に書かれていることを読まなかった方が悪いとなるのですが、不動産売買の場合、特に業者が一般人に言う場合には必ずきちんとした説明をする義務があるわけです。

Page Top