前へ
次へ

契約するときに必要になるもの

賃貸マンションやアパートを契約する際には通常連帯保証人とまとまった契約金が必要です。入居審査が通ったら契約に進むことになりますが、審査を通る上で大事なポイントとなるのが連帯保証人という存在です。一定の収入がある父親か母親または兄妹などが連帯保証人として適切ですが、不動産会社や大家さん次第ではもっと条件が緩い場合もあります。また、契約する本人に一定以上の預貯金があってそれが証明できれば連帯保証人が不要なこともありますし、最近では保証人会社が間に入って契約できる物件も増えています。入居することになったらまとまった契約金が必要になり、それが賃貸の敷金や礼金、仲介手数料などです。仲介手数料は不動産会社に渡し、敷金や礼金は大家さんに渡します。それ以外にも前払い分の家賃や管理費(共益費)、そして契約物件の火災保険料や鍵交換料なども必要です。すべて不動産会社や大家さんに支払ってから入居することができます。

Page Top