前へ
次へ

買い換えるにはしっかり計画する

生涯でもっとも高い買い物になる不動産(マイホーム)も、一生涯住むつもりで買ったものの、諸事情でときには買い換えが必要になる場合があります。転勤や親との同居、環境の悪化などは想定外となるため、やむを得ず買い換えるケースもあるでしょう。最近は、郊外の一戸建てを売却し、都心のマンションに移る中高年層が増えています。買い換えは、その目的が達成されれば、それでメリットを得たことになりますが、一方で新規取得にはない負担もあるでしょう。それを比較衝量してもなお総体としてメリットがあるかどうか、よく検討することが必要です。例えば、購入と売却のタイミングを合わせるのは意外に難しいようです。当初予定していなかった出費を強いられることになります。買い換えの検討をするなら、まずは段階を時間で割って考えましょう。新たに購入する物件をまずは探します。気に入った物件が見つかったら、今の家がいくらで売れるか、ローンを返済していくら残るか、購入物件の住宅ローンはいくら借りられるかなど、資金計画を立てます。これは、今の建物を取得する際と何ら変わりません。住宅ローンを借りるのも同じ、自分らの家計でローン返済が可能かどうか、検討してから銀行に打診します。それから物件購入について業者と折衝に入り、自宅の売却を依頼し、購入と売却の契約を締結します。問題点は、「買い」の契約日が固定されてしまうことにあります。

Page Top